写真じゃ伝わらない

六本木ヒルズの森美術館で開催中の「魂がふるえる」展に行ってきました。

「アイデアは移動距離に比例する」とは高城剛さんがおっしゃっている言葉だけれど、最近本当にこれを実感している。

僕は建築を始めたのが27歳の時で、最初にお世話になった設計事務所のボスが「28歳までに建築を始めないと手遅れになる」という持論があった方だったので危機感を感じ、それから3年間ほどは遅れを取り戻すかのように、毎週建築を見てまわっていた。

雑誌やネットで見る建築は素敵なのだけれど、そこにはどうしてもカメラマンや編集者のフィルターが掛かってしまう。それはそれで物事が整理されて良いのだけれど、一方で「一つの情報」としての扱いになってしまう。

建築の作り手側としては、「実物に身を置いてどう感じるか。どういった切り口から見て、どう解釈するか」が大切だと思っている

個人的に美術館や個展とは、「情報にならないもの」が得られる場所だと思っているので、なるべく実際に自分で足を運ぶようにしている。

で、今回の「魂がふるえる」展。

事前にパッと調べた情報と比べると、圧倒的な衝動体感。

おそらく写真じゃ1割も伝わらない。

まぁ正直言って、もっとクリーンなものをイメージしていたのだけれど、全然違います。

会場全体で作られている雰囲気と相まって、なんだかドキドキと不安が入り混じり何とも言えない感覚。

個人的には時間の奥行きというか、重さを感じました。

是非、直接肌で感じてみて下さい。

#デザイン

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

| 福岡事務所 | 福岡県八女市蒲原1044-3

| 埼玉事務所 | 埼玉県和光市新倉1-29-31 サンヴェール103

atelier

​sign

T E L : 090. 5022. 5669 

MAIL :  info@atelier-sign.com